消費者金融でおまとめローン

questionnaire-2834264_640

貸金業法が改正された現在でも、消費者金融の利用者による多重債務や自己破産の相談件数が減ることはなく、弁護士のもとには日々、「借金をどのように返すべきか」という深刻な相談が寄せられています。

キャッシング利用者の多重債務や自己破産によるトラブルをふせぐために導入されたのが「おまとめローン」です。

おまとめローンはその名の通り、複数のローンをまとめて一本化するシステムであり、複雑な借入を整理し、低金利のローンに借り換えを行うことで返済の負担を軽減するねらいがあります。

特に高金利の金融業者からいくつものキャッシングをつづけている場合、利息分の返済だけでひと月のキャパシティを大きく超えてしまうケースもあり、利息ばかりがどんどんふくらんで肝心の元金が何年も減らない、という典型的な借金苦のパターンに陥ってしまいます。

そこで、高金利のローンを新規の低金利ローンに移管し、新たな金利のもとで返済をつづけていくことで結果として返済の負担を軽減する、という効果があります。

債務の一本化には「返済が一気にしやすくなる」というメリットがありますが、一方で誤解されている部分も多く、利用にあたってはあらかじめ基本的な仕組みについて細かく把握しておく必要があります。

そもそもの前提として、債務の一本化を行ってももともとの借金が減るわけではありません

むしろ、債務の一本化では金利の負担が減る分最終的な返済額と返済期間が上乗せされる場合があり、長期的に安定した収入が確保できなければかえって負担が大きくなってしまう、ということも充分に考えられます。

債務の一本化によって返済期間を延長するのと、親せきや両親に頼ってお金をかき集め、高金利のローンのままで一括返済をするのとでは、長期的に考えてどちらのほうがよりメリットがあるのでしょうか。

結論から考えて、多少無理をしてでもまとまったお金をかき集められるのであれば一括返済に踏み切ったほうが負担は少なくなります。

借金を返してしまえば債務はなくなるわけですから、それ以降は金利に頭を悩まされることもなく、自分のお金を自由に使えるのです。

ただ、現実的には「頼れる身内がいないからこそ多重債務に陥ってしまう」という側面もあり、短期的な完済がどうしても難しい人にとっては債務の一本化が非常に心強い味方であり、再起のチャンスにつながるとも考えられます。

債務の一本化にあたってはまずファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談のうえ、自分が適用条件にあてはまるかどうかをきちんとチェックしましょう。

カードローンの高額融資を実現する為に必要な事

カードローンで高額融資を希望している方は、たくさんのお金を獲得しなくてはいけないです。ここでたくさんのお金を稼ぐ事ができないと高額融資の可能性が極めて低くなるので、注意しなくてはいけないです。

収入に関係なく、多くのお金を消費者金融もしくは銀行が融資してしまうとちゃんと返済してもらえるのか不安要素が発生してしまいます。色んな人に融資してもらうことで本来は安定した利益を出す事が可能になります。

しかし返済が遅延もしくは滞ってしまうと安定した利益を生み出す事ができなくなってしまうので、注意しなくてはいけません。少しでもリスクや危険を減らした状態で消費者金融や銀行はお金の融資をしていきたいと考えています。

その為にも収入面をチェックされる事がほとんどなんおで、たくさんのお金を稼いでいる方ほど有利になります。収入が少ない方は副業などにチャレンジしていき、一円でも多くのお金を稼ぐ事が必要になってきます。

収入面で特に問題が無い方は、申込をする事で一定以上のお金を借りる事ができる可能性が出てきます。ここで注意しないといけないのは、銀行や消費者金融によって審査基準が違っている為、利用限度額に大きな違いが発生しています。

利用限度額を高めに設定してもらうことができれば、相応のお金を借りる事が可能でいつでもお金を借りたい時に借りれます。すでに融資を受けている方で利用限度額に満足することができない方は増額審査を実施する事で、高額融資を受けられる可能性が出てきます。

しかし増額審査は必ずしも通過できるわけではありません。以前よりも多くのお金を稼ぐもしくは遅延や滞納などを発生させないで、返済実績を積み重ねていくなど様々な工夫が必要なので、万全の準備を行っていき、申込をする事が大切です。

仕事内容や雇用形態の問題をクリア

収入面以外にも重要な部分になっているのが職業と雇用形態になります。カードローンを提供している銀行や消費者金融では職業や雇用形態をチェックしており、安定した収入を確保できているのか違っています。

好印象を与えやすい職業が公務員と会社員になっており、余程の事態が発生しない限り、毎月安定した収入を確保する事ができます。

その為雇用形態に関係なく、公務員や会社員として働いている方はカードローンを実施している銀行や消費者金融から融資を受けられる可能性が生まれてきます。

しかし毎月の収入が全然安定しないもしくは命の危険が発生している職業は、少なからず審査に悪い影響を与えてしまうので気をつけないといけないです。

少しでも好印象を与えるためには職業の説明をすると同時に安定した収入を確保できていることをアピールしなくてはいけません。

面倒かもしれませんが職業によって、銀行や消費者金融は敬遠している為、残念な結果になってしまう時があります。その他にも雇用形態も重要なポイントになっており、正社員がもっとも好印象を与えやすい雇用形態になります。

逆にパートやアルバイトはどうしても社員と比較しても収入が少なくなってしまうので、高額融資が厳しくなるだけではなく、審査に落とされる恐れも出てきます。

そこでカードローンを実施している銀行や消費者金融を選択する時、パートやアルバイトに対しても融資を行っているのかどうかチェックすることです。

審査基準は銀行や消費者金融によって全然違っているので、パートやアルバイトに対しても融資を実施している銀行や消費者金融を選択すれば、満足できる結果を得やすくなります。

状況によっては高額融資も可能になっていくので銀行や消費者金融選びは重要なポイントです。

個人の信用情報にキズが付いていないどうか判断

jyuyo

収入面に全然問題がなく、雇用形態や職業に問題がない方でも状況によっては高額融資が厳しい時があります。それは個人の信用情報にキズが発生しており、リスクの高い人物として判断されている可能性があります。

信用情報が一人ずつ存在しており、遅延や滞納を発生させているのかどうか一目で確認できるようになっています。

遅延や滞納を繰り返し発生させてしまうと少しずつ個人の信用情報にキズがついていき、融資が厳しくなってしまいます。特に遅延や滞納の問題を引き起こしていない方は、信用情報に問題を起こしているわけではないので、悪い印象を与えないで済みます。

もしも収入面や職業の問題をクリアしている方で、審査に落とされてしまった方もしくは多額の融資が厳しい方は信用情報に問題を生み出している可能性が極めて高いです。

個人の信用情報問題をクリアするためには、ある程度時間が経過することが必要になってきます。個人の信用情報は一度キズが付くことで、ずっとキズが付いているわけではありません。時間が経過することで少しずつ回復していき、完璧に回復することができます。

一番深刻な状況でも数年単位で回復するのが基本になっているので、ある程度時期やタイミングを計って、申込をする事が大切になってきます。

上手なキャッシングの借り換えで金融会社をうまく活用しよう

初心者の方によくあるミスで、消費者金融など借り入れの申し込みの際に、同時に3社以上を申し込んでしまうといったケースもみられます。

これは申し込みブラックと呼ばれる状態で、複数の金融会社に借り入れを申し込んだ際に発生する状態です。

この申し込みブラック状態になってしまうと、一定期間の間、審査に通らなくなるといったデメリットが生じてしまうのです。したがって、念の為にといくつかの金融会社に申し込みを行う事は、借り入れたくとも、かえって逆効果となってしまいます。

もちろん時期をずらして、複数の金融会社に借り入れを行うことは可能です。しかし、あまりいくつもの会社に借入金が生じてしまうと、本人の信用度も落ちてしまう為、次回以降借りられなくなってしまう可能性も考えられます。

また、複数の金融会社に借入金がある場合、金利もそれぞれ異なってきますので、結局は返済額が大きくなってしまい、ご自分が損をする結果ともなってしまいます。

そこで、複数の金融会社の借入金を一つの金融会社にまとめたものが、キャッシングの借り換えと呼ばれるもので、返済する金融会社を一本化するものなのです。

キャッシングの借り換えのメリットには、低金利の金融会社に移行する事で、返済額を減らしていけるといったメリットがあります。

ただし、借りた元本が減る事はありませんので、あくまでも利息が減っていくという事になります。では、なぜ利息を減らす事ができるのでしょうか。

実は、利息制限法によって、借入金の額に応じた金利が定められているのです。

具体的には、10万円以下の借り入れの際には、年利20%が上限となっており、10万円以上から100万円以下までの年利が18%が上限となっています。

さらに、100万円以上の借り入れの際には、年利15%が上限となっていますので、法的にもこれらの制限を超える事はありません。

したがって、複数の金融会社で借り入れを行っている場合、その総額が10万円以上であれば、低金利による返済額の恩恵が受けられる事になるわけです。

借入金が、5社以上から借り入れを行っており、100万円以上ある場合、年利18%で計算すると月の利子だけで14795円となりますが、借入先を一本化する事により年利15%が適用される事になります。

100万円での年利15%では、月の利子が約12329円となりますので、月にして約2466円返済額が減らせる事になるわけです。